1 研究の目的とめざす成果

各自治体では、少子高齢化や人口減の課題を克服するために、地域独自の戦略や課題解決が求められています。しかし、目先の政策目標の達成に追われているだけでは、職員が疲弊して、持続可能な地域を支えるための組織力が育っていない、ということがよくあります。

  • 戦略目標の達成を極一部の職員のガンバリに依存している。部署横断的に協力・連携する展開は、うまく進んでいない
  • 戦略に寄与する重要事業は定めているが、事業全体の優先順位づけや、効率化する事業運営のマネジメントには至っていない
  • 管理部門と事業部門や地域機関との間にギャップがある。現場にやらされ感があり、改善改革に自主的に取り組めていない
  • 人事評価制度を導入しても、査定や給与格差をつけるだけ。職員力を育てるための有効活用がされていない

これらの原因の多くは、管理部門が経営の仕組み(計画・方針・制度)を縦割りで運営し、組織として一体感を欠いていることによります。
このボトルネックを解消すれば、組織内の動きがシームレスにつながり、経営力を最大限発揮できるようになります!

そこで、本研究会では、これまでの『事例研究会』をリモデルし“管理部門の連携”にフォーカスした『チーム経営研究会』を新設しました。

めざす成果は、-2年で組織が変わり出すこと!-

    (1)組織に一体感ができる
    (2)横断的な連携が進む
    (3)事業の優先づけを意思決定できる
    (4)改革改善に主体的に取り組む
    (5)職員が育つ等

2 対象者

各自治体から企画・行革・人事・財政など管理部門の職員(場合により事業部門の職員を加え)が3~4人のチームで参加。(個人参加も可)
特に、管理職、係長級職員の参加を推奨します。関東、関西、九州の各地区で3~4自治体、約10人の固定グループを結成して実施します。

3 活動期間と内容

半年間で自治体ごとに経営の仕組み分析から、経営システム運営上の課題を発見、根本的な解決に向けた経営改善プロセスを立案します。
年度後半には即実践に向けて動き始め、次年度からの本格的な取組みを準備していきます。

    開催日程: 2020年5月~10月  月1回×全6回 (参加自治体が決定次第、日程調整します)

    第1回 5月 『メンバーのジブンガタリと自治体改善ステップアップシートを活用した現状把握
    第2回 6月 『連携上の問題と課題発見』
    第3回 7月 『経営システムの漏れと歪みを正す目標設定』
    第4回 8月 『チーム力を生かした変革のプロセスデザイン』(既存研究員との合宿合宿で知恵出し)
    第5回 9月 『実践に向けた上司(スポンサー)への中間報告』
    第6回 10月 『チーム経営研究発表会』

    ※会合はすべて気楽にまじめなオフサイトミーティングの対話形式で、実践にもとづく本音を語り合います。
    ※年度後半に、別途「出張!改善セミナー」を活用すれば組織内での起動を促進できます。

4 参加料

1名あたり100,000円 ※既存研究会会員は、半額。会場までの交通費、宿泊費等は別途ご負担ください。

5 資料

さらに詳しい内容は、こちらの資料をご確認ください[PDF形式 729KB]

6 申込・問合せ先

特定非営利活動法人自治体改善マネジメント研究会事務局
E-Mail jichitai.kaizen@gmail.com