自治体における改善活動の情報共有•意見交換する場

研究員プロフィール


自治体改善マネジメント研究会 メンバー紹介

代表者

行政経営デザイナー
元吉 由紀子

 

【プロフィール】

  神戸出身。大手鉄鋼メーカーを経て、㈱スコラ・コンサルトへ入社。プロセスデザイナーとして企業風土改革を支援する一方、行政経営デザイナーとして平成11年以降三重県や横浜市をはじめとした地方自治体、中央省庁、公共組織への支援を行う。
  阪神大震災の被災経験から、組織・地域を超えて連携するコーディネート機能の重要性を痛感。生活者起点で時代最適に進化し続ける自治体となるよう、経営改革のプロセスを首長や職員と一緒につくっている。
  行政組織風土改革、行政経営システム機能強化、戦略オフサイトミーティング、組織目標設定、職場マネジメント実践セミナー、改善運動、講演などを全国各地で支援。平成12年から「公務員の組織風土改革世話人交流会」を立ち上げ、運営・支援。

 著書に「期待される役所へ ~行政経営のムリ・ムダ・ムラを突破する!(ぎょうせい)」、「どうすれば役所は変われるのか ~スコラ式風土改革 (日本経済新聞社)」など。

事務局長

東京都中野区 酒井 直人

【プロフィール】

   平成8年中野区に入区。最初の職場の議会事務局で、議員報酬システム、議事録検索システムなどの導入を担当し、改善の面白さに目覚める。その後、文書管理、財務会計システムなどの担当を経て、“電子決裁率日本一”といわれる中野区役所の電子化に貢献。
現在、中野区政策室副参事(広報担当)。

   平成16年からおもてなし推進委員として改善運動に9年間関わり続ける。平成18年第4回全国都市改善改革実践事例発表会を「改船なかの20丸」を開催。平成22年に自治体の枠を超えた改善運動の全国ネットワーク「K-NET」を全国の有志と一緒に立ち上げる。

神奈川県横浜市 鈴木 一博

【プロフィール】

   昭和58年横浜市役所に入庁。鶴見・港北の両区役所、下水道局、港湾局、市民局、都市経営局などに所属。住民登録窓口、港湾物流、国際会議の開催支援、人事・組織管理、改革推進などに従事。改革推進部署では、新しい行革計画の庁内とりまとめや、各区局での改革マネジメントの仕組みづくり、魅力ある区役所窓口サービスの向上策などを推進。
 長年続く他の自治体職員との交流が縁で、自治体改善マネジメント研究会に参加。

 

三重県 後田 和也

【プロフィール】

   昭和63年三重県庁に入庁。教育委員会、農林水産部、四日市港管理組合に所属。
その後、総務部で人事業務を経験後、平成13年度は財団法人社会経済生産性本部に一年間の派遣となり、経営品質協議会で経営品質向上活動を学ぶ。帰庁後は、組織・定数管理、職員研修などを担当しながら、経営品質協議会認定セルフアセッサーとして部内の改善活動の促進などに従事。平成21年度から全庁の改善・改革活動を推進する事務局業務等を担当。
現在、総務部行財政改革推進課課長補佐兼班長。

埼玉県所沢市 林 誠

【プロフィール】

   今は懐かしい98シリーズで有名な某大手電気会社に就職後、平成2年、所沢市役所に転職。以降、総務、財政、企画、商業観光部門などを経験。途中2年間埼玉県庁に出向し、地方分権関係を担当。行政評価や改善運動の立ち上げに関わり、成長や挫折を見守ってきた。
  独学で中小企業診断士資格を取得。細々と株をたしなむが、リーマンショックで痛手を被る(アベノミクスの波に乗り、やや挽回中)。「とにかく楽しむ」「笑う門には福来る」がモットー。現在、今頃になって始めたロックバンドでのブレイクを虎視眈々と狙っている。一冊だけ出版歴あり(「お役所のつぶれない会計学」自由国民社)。

埼玉県さいたま市 柳田 香

【プロフィール】

   さいたま市行財政改革推進本部で「行財政改革推進プラン2010」を策定し、柱の一つである職員の意識改革「人の改革」に取組む。平成21年9月に業務改善制度導入し、全庁へ展開。「カイゼンサポーター」の活躍により、平成25年第7回全国都市改善改革実践事例発表会「カイゼンまっちin Saitama」を開催。
現在は、観光国際課副参事

福岡県福岡市 吉崎 謙作

【プロフィール】

   平成5年福岡市役所入庁。最初の職場で先輩から「どんなに単純な仕事でも、少しでも変えないとやる意味がない」と改善の精神を叩き込まれる。10年間福祉業務に従事した後、男女共同参画、区政運営、学童保育運営を経て、平成21年から行政改革・組織マネジメント・業務改善の業務に携わる。平成24年に庁内改善発表会を復活させるとともに、平成26年に開催された第8回全国都市改善改革実践事例発表会を誘致。庁内のオフサイトミーティングでは,自他共に認める「主席ファシリテーター」。
現在、福岡市立美術館運営課運営係長。

 増尾写真元神奈川県横浜市 増尾 明

 【プロフィール】

平成22年3月横浜市役所退職。在職中は中田元市長当時、市役所構造改革等に携わる。

退職後、市民利用施設の管理運営を行うNPO法人に勤務。
その後平成26年度に福島県飯舘村へ復興支援に赴く。1年間の勤務を終え、現在に至る。

浦本写真
京都府精華町 浦本 佳行

【プロフィール】

昭和60年4月、精華町役場へ入庁。精華町生まれ、精華町育ち。
役人人生は長いが、経験した業務は3つだけで、町立病院では医療事務を、税務課では固定資産税を担当した。平成14年から13年間財政課に在籍し、予算編成に苦労したことから、厳しい財政状況を広く住民に理解いただくため、わかりやすい財務情報の公表に力を注いだ。
自分自身の課題意識は「行財政改革」と「公会計改革」、「人材育成」。担当業務に関係なくライフワークとして取り組みたいと考えている。
何事においても、マンパワーの少ない小さな自治体でも可能なシンプルな仕事の進め方を追求することが大切だと考えている。

現在は、防衛省へ派遣中(総務部総務課担当課長)。

DSC_0132

神奈川県川崎市 成沢 重幸

【プロフィール】

  平成8年川崎市に入庁。環境局を皮切りに、これまで総合企画局、宮前区役所、総務局、市民・こども局に配属。最初の総合企画局では、総合計画の策定や政策評価制度の構築、宮前区役所では区民会議など参加と協働によるまちづくり、次の総合企画局では区行政改革、総務局では組織・定数管理、現在は市民・こども局で次なる区役所改革に取り組んでいる。}

総合企画局の区行政改革担当のとき、区役所サービス向上指針の改定をきっかけに改善運動と関わりを持つようになり、現在に至る。

松本写真

岩手県金ヶ崎町 松本 浩和

 【プロフィール】

最初の配属は町立病院の医療事務、その後、税務、交通防犯、介護、国保、福祉等の業務を経験。

平成20年度に財政担当になったころから改善運動の重要性を感じ始め、平成22年度に岩手県北上市の「ping!pong!pang!運動」に参加し、大きな衝撃を受ける。
給与担当であった平成25年度から業務改善運動(愛称SKIP運動)をスタート、現在まで3年間事務局を担う。

現在は、総合政策課政策係主査。

津崎写真

東京都立川市 津崎 政人

 【プロフィール】

平成17年立川市入庁。立川生まれ立川育ちで、「立川をもっと良いまちにしたい」と考え立川市に就職。現在は、「多摩地域をもっと良い地域をしたい」と思っている。子ども育成課(児童館)、課税課、民間出向(多摩信用金庫)を経験し、平成25年4月より人事課人材育成推進係にて、人材育成や組織育成に携わる。

平成26年に、業務改善表彰制度(改善運動)を導入し、全庁へ展開。オフサイトでは、平成26年5月より、立川市有志の自主勉強会「Flat Placeたまにわ」の共同発起人を務める。趣味は、バスケットボールと登山。とにかく、体を動かすことが好き。

 


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 自治体改善の輪 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ツールバーへスキップ